不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分さえよければ

自分さえ良ければ、そう思って買いだめをするつもりだったのにすっかり出遅れ、米もパンも無い。なので、松屋に出かけては大飯を食っている。今夜もきっと、ハンバーグを腹いっぱい食べる。被災地でもない東京にいるのに、自分のたくさんの猫可愛さに九州に逃げようと考えたが、大所帯過ぎて、受け入れ先の宛てが無い。うちの猫たちの為に、近所中の餌を買いだめしたいと考えている。今日、息子がトイレットペーパーを見つけてきてくれた。自分らだけはウンコの始末に困らなくなったからホッとした。いざとなると、自分が助かりたい気持ちでいっぱいいっぱいだ。今朝、二週間ぶりに風呂に入った。芝居の初日に向けて、偏った生活をしていたので風呂に入る暇が無かったが、全然平気だった。けれど、これから不自由な日々が来るかもと、思った途端に、風呂に入っておかなければと考えた。数えきれない人が、凍えている朝、ぬくぬくと、風呂に入った。私はもともと、かなり意地汚い。常に、不器用な人を犠牲にしてのうのうと良い目にあう。小人閑居して不善を成すとはまさに自分のことだと、ずっと気づいていたが悔しくてそう考えたくなかった。根本さんが幼い子供たちを抱えて福島を脱出出来たと聞いて、すっかり安心した。放射能のレベルにも過剰に耳を傾けずに済む。たくさんの被爆者が出るかもしれないのに知人で無いので、鈍感になれた。自分さえ良ければ、そう考える人間が大嫌いだった。軽蔑していた。でもそれは真っ先に他の誰でも無く、フジワラおまえだったおまえだったおまえだった。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<それでも | HOME | ムギ茶>>

この記事のコメント

自分が健在であるのなら、
自分の大切な守る者達の為に、
自分が頑張らねばならない。
自分が元気でいなければならない。
当然のことなんじゃないかと私は思います・・・。

2011-03-18 Fri 11:46 | URL | ウチ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。