不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

二匹のキジ子

きじこ
最近、わてのにゃんこ屋敷に二匹のきじ子がやってきた。大きなきじ子は世田谷の弁天公園辺りで豹柄の首輪をしたまま8年間も迷子になって野良をしていた。けど、近くに新築のうちがいくつも建ち、ひどく邪魔にされて居場所が無くなった。ずっとご飯をあげていたおばちゃんに相談されて10月半ばにわてのところにやってきた。大人しいお姉さん猫だ。長い野良生活ですっかり腎臓が悪くなっていて、お水を大量に飲む。頑張れよ、きじ子。
小さいきじ子も10月半ば、桜上水のガストの裏で、よその猫親子に一生懸命混じって生き延びようとしてたちびきじ猫だ。大人猫に噛まれた傷だらけのちびさんだ。はじめは脅えて小さな体をもっと小さくして隠れていたけど、寝床をやさしい大きなきじ子と一緒にしたら、ゆったり出来るようになった。まるで親子みたいに。良かったなちびきじ子。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<暴れ四兄弟 | HOME | サボ君>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。