不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

殺される子供

生まれた時から魂は誇り高く一人前なんだ、体が未熟だって、世間に疎いからって、生活体験が足りんでのろまだったって、魂は一人前なんだ。思い出せよ、自分がそうだった頃を。泣きながら大人の理不尽を威圧を暴力を耐え忍んでいたあのチビだった頃を。
暴力が通用する相手を、虐げる愚か者。何を見て何を感じて何を選んで生きてきたからそうなんだ、腐れがぁ。

人間の知力はいつ進化するの?いつまともになるの?いつ腐れ頭から卒業するの?

子供を殺しても、親は殺人罪にはならない。保護責任者遺棄致死の罪だけだ。
人殺しなのに。殺人なのに。
日本人の社会の決まりが子供を人間扱いしていない。
思い出せよ、生まれた時から魂は誇り高く一人前だった。
思い出せよ、泣きながら耐え忍んでいたあのけなげなチビを。

虐げられる子供を守りたい人たちが地を這うように努力している。

ひまわり署名プロジェクト
www.­maylibridshope.­syarasoujyu.­com
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ああいう生き方が好きだ。 | HOME | ペット売る鬼、買う間抜け>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。