不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

汚ぇ

雨の日は嫌だぜ。便器を捨てる時にゃゴミ袋に入れろ。ゴミ積み上げたトラックの荷台に上げる便器から雨汁と便汁がフジワラの顔に降り注ぐ。ちょっと昔に聞いたな「美しい国ニッポン」、何が美しいだよ、捨てたゴミを始末するヤツのことなんか思いもしないニッポン人が。油汚れまみれのガスレンジテーブルもひどいもんさ。魚焼きの皿に溜まった油汁を頭からかぶる。一気加勢に駆けながらトラックに荷を積み上げるんだ、いちいち中の水きりなんかしてられない。なろぉ・・、割れたガラスを突き出したまま捨てるな間抜けめ。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<神様 | HOME | グッチへ>>

この記事のコメント

『きれいがきたなく、きたないが、きれい』

尊く立派なのは、業種や仕事の内容じゃなく、
それをどんな想いで臨むか、
そこから何を感じるか、
それが他者にどんな影響をあたえるか、
そういうことなのかもしれない。

美しい国ニッポンは、全然美しくない。
たとえ世間体のいい仕事に就いてても、腐っている者はたくさんいる。
・・・私だって、そのひとり・・・。

そんな人間どものせいで、汚ぇめに遭いながら、
怒り叫ぶ不二稿さんのことばのひとつひとつの、なんと尊いことか。


2009-07-18 Sat 08:08 | URL | のり #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。