不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

グッチへ

コメントは嬉しいよ、  ばってん、 長ーーーーぁいぞ、ぐっち!
愚か者なら普通に理解されようなんてあきらめて、度胸をもって、ざっくり言葉を使っちまえ。
 
ところで、言葉を使った表現と本音の溝は埋まらないもの。
誰かの巧みな表現が詭弁であったり、誰かの真意が言葉の環境で詭弁に見えたり。
ぐっち、もっと大きく腕を広げて立ってみたら、君の足元の小さなイドに他人のことも自分のことももっと深ぁーく映ってくるさ。
ご存じだろうが、
フジワラは気がつけば損得に奔走し汚いマネをするこざかしい悪人です。
今の君は、今にまたフジワラに騙された裏切られたってことになっちまうぜ!へへ!

スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<汚ぇ | HOME | 恥ずかしがる>>

この記事のコメント

ご指名、ありがとうございます。ぐっちでございます。
言葉は難しいと、私めも日々しみじみ痛感致しております。
言葉ジリを論うんじゃなく相手がどういうつもりで言っているのか、そこらへんが肝心の要であるのだから、ちゃんと真意をくみ取らなくちゃいけないって常々そうは思うのですが、しかし真意や本音はいったいどこにあるのか、感情や想いは本人も気がつけないくらい複雑に絡まりあっているのだろうと、考えだすとますますわからなくなり、自分のこともわからないのに人の気持ちや想いなんて到底計り知れないぜと、フトンをかぶって寝てしまいたくなる、そんな日々であります。
誤解も理解もドーンと構えて受け止めて、すったもんだ泣き笑いが出来たらいいのだろうけど、どうにもぐっちは性根がみみっちくネチネチしていて、文章を書くとすぐ長くなるし、明るい場所が恐くて歩けないモグラ野郎でございます。
しかしそれにしても思うのは悪とか正義とか、そういうものはいったいなんだろうかと、悪、悪人ってなんですかね。う~ん悪人、わからん。
俺は、むかしっから仮面ライダーとかウルトラマンとかそういうヒーローものを観ても、ライダーとかウルトラマンとか正義の側の人たち、白黒ハッキリしている正義の味方ってのがどうしても胡散臭くて嫌いで、毎回毎度当たり前のように蹴散らしやっつけてしまうそのさっぱりした姿が納得できない、ホントかよとそんな感じがして、どうにも怪人とか怪獣などの暴れん坊の方がよっぽど共感出来て好き、そんな子供なのでありました。
自分の側が正しいと信じきっている、葛藤や疑いなんてまったくない、そういう正義の人が一番怖い気がします。悪人(と呼ばれる人)は嘘ついたり悪いこともいっぱいするけれど、でもやっぱり正直だから共感できる、なんだ俺と一緒じゃんかと安心するのだと思います。
負けん気が強くて見えっ張り、嫉妬するし人を傷つける、でも自分もたくさん傷ついて、深く愛すから深く怒って泣き叫んで、何度繰り返してもどうしても我慢出来ない、その姿はいつだってどうしようもないくらい愛くるしく人間らしい、けっきょく正直なだけだよなっていう、そんな人が今も昔もモグラ野郎のヒーローであり、ヒロインなのかもしれません。
なんていうか、京さんは尖んがった枝とふさふさした緑の葉っぱをたくさん抱えたでっかい木で、俺は近所の土の中にいるモグラ、思いつきだけどそんな気がします。もっともっと空高く枝を伸ばそうとするでっかい木、でもその木は暗い土の中にもびっしり根が生えている。
支離滅裂、変な文章になってすいません。今日(明日?)もまた山盛りの新聞どもがモグラを待っています。川にぶわっと投げ捨てて、そのままバイクでどこまでも遠くへ走り去りたい今日この頃であります。そうだ、モグラも噂の地下空手部に入部したいです。なんて、取り留めなく尻切れトンボですが、そんな感じで、ではまた
2009-07-08 Wed 00:34 | URL | ぐっち #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。