不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ニャンコ先生の教え・その1」

ニャンコ先生たちは、我儘が通らないと、オシッコをかける、
ニャンコ先生たちは、具合が悪いとゲロを吐く、
私の服や本に、布団に、家中に。
だから私は、もう二十年も布団に寝ない。床に転がって先生たちと寝る。
だから、大事な本をたくさん泣く泣く捨てた。マニアックな貴重本・・・。
だから、一年中、五枚の同じシャツを着て、夏は短パン、冬はジャージ。
腹が立って、悔しくて、「この恩知らずめっ」と怒鳴ったこともある、
貴重な本を捨てる時、ニャンコ先生を叩いたこともあった。
背中が痛くて、布団に寝たいなと、悲しい時もあった。
それでも、容赦ないんだ、ニャンコ先生たちはさ。
その悪戯から守る為の家中の網棚に潜り込み、いつしか、秘密基地にする、
本棚の領域は徐々に減り、ニャンコ砦に変貌してゆく。
もっと、捨てろと私に迫る。
そうなのだ、執着するな、こだわるな、ため込むな、と、
いさぎよく、身軽であれと、私に迫るのだ。
これぞ、ニャンコ先生の教え。
う~~~む、凄い、素晴らしい。まさに、わが師である。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<この世の正体 | HOME | 「黄金バットの稽古をしながら」>>

この記事のコメント

その2があるということ、ですかね。
天真爛漫なにゃんこさんの所業を、
『教え』と思えることこそ
素晴らしいです。(^-^)
2014-09-01 Mon 03:34 | URL | のり #mQop/nM.[ 編集]
本当に思うのです、まるで私を鍛えるために、そぎ落とすために、試すがごとく、容赦なく我儘勝手なニャンコたち。ご先祖様が遣わした、ひよろひょろと脆い私の導き手のような気がするのです。そんなニャンコ先生やチロ、ミロを支援してくださって心から感謝しています!皆で幸せに生きよ~~~!!
2014-09-01 Mon 09:08 | URL | 京 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。