不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぴよとハナ

ちび猫


お腹いっぱいでねむねむになった子猫のぴよちゃんとハナちゃん。
本棚の上の隠れ家で可愛く並んでウトウト中です。
明け方に部屋じゅう走り回って追いかけっこがすごいのです。
私の顔を蹴って方向転換したりもするから、ウギャオゥっと、叫んでいる朝です。
ひどいときは朝から血まみれで目が覚めます。
現在、でこと目の脇にに引っ掻き傷アリ。目をつぶって寝てて良かったぁ~。(普通つぶるか)

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「殺処分反対・生体販売反対デモに参加するぞ~~!」

茶まが

二月十四日金曜日、午前十一時から午後一時半、
環境省前で、プラカード掲げて、繁殖業者撲滅を訴えて来るぞ~!
茶太朗君とアボ君とトロンボーンのおじさんと私の四人で参加。
楽器鳴らしてもいいのかな?トロンボーンのおじさんの本格生演奏と
茶太朗の下手くそギターに不二稿の下手くそ歌も聞かせちゃいたいな。
都合つけられる方、ぜひ、一緒に歌いましょう!声をあげましょう!

【日時】2014/2/14(金)11:30~13:30
雨天決行
(集合時間 11:00~)

開始時刻 11:30~
終了予定時間 13:30~

※撮影がありますので、写真不可の方は
当日、主催へ申し出るか
又は、帽子・マスクなどの着用お願いします。

【集合場所】霞ヶ関環境省前
合同庁舎5号館前

マップ集合場所地図マップ
http://www.env.go.jp/annai/map.html

環境省 〒100-8975東京都千代田区霞が関1-2-2
中央合同庁舎5号館
電話:03-3581-3351(代表)

●東京メトロ 丸ノ内線 「霞ヶ関駅」 B3出口
●東京メトロ 日比谷線 「霞ヶ関駅」 B3,C1出口
●東京メトロ千代田線 「霞ヶ関駅」C1出口




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

わたしの猫


以前ブログに書いた記事を、愛猫を亡くした友だちに捧げます。


小学校の裏庭に手のひらに乗るくらい小さな痩せた子猫が二匹捨てられていて、
昼休み時間が終わるのに、途方に暮れて抱いている私からもぎ取られて、小川の向こうの草むらに投げ捨てられた。

放課後、探しに行った草むらには一匹だけが泣いていて、もう一匹は投げ殺されたのか小川に流されたのか姿が無い。
一匹生き残った餓死しかけた小さな猫はあまりの見苦しさで母の同情を買い、それからいっしょに寝起きする私の友になった。
 
19になったの私は、田舎を捨てて上京した。わたしの猫を田舎に残して。東京の生活に流されていたある日、「おまえの猫はおまえが出て行った次の日、表の道で車に轢かれて死んだ。」と母から聞いた。
帰らぬわたしを探していつもは出てゆかぬ表の道まで探しにいった?探しにいった?待っていたの?わたしの猫よ。
 
それから数年、帰らぬわたしを待ちあぐねた母が、正月を一緒に過ごそうと東京に出てくるという。すると、母が来る前の晩、わたしは夢を見た。わたしは田舎の家に居てわたしの猫が精一杯顔を引きつらせてわたしにニッと笑った。猫が笑う顔は初めて見たと、夢の中でびっくりした。
その朝起きると同居していた友人が言った「あんたの猫がこのアパートの前の横断歩道を、あんたのお母さんといっしょに歩いてくる夢を見たよ」


それから母がやってきて、夕飯をいっしょに食べているとポツリと言った。「あんたの猫が、ゆうべの夢に出てきて、いっしょに付いてゆくばいて言うたとよ。」

ああ、許せ。来れたの?来てくれたの?わたしの猫よ。捨てたわたしのところに。

 それからそれから長い時が経ったある日のこと。知り合った能力者の青年にふと言われた。「人語を話せるほどに修業した猫が、天界に許しを得て白猫になってあなたのところに降りてきましたよ。」
そんなことがこの世にあるならなどとは思う間もない。ああ、わたしの猫が、来たのだ、とただ思った。死んでまでわたしを思ってくれるのか、わたしの猫よ。
死んでまで淋しいわたしの友でいてくれるのかわたしの猫よ。
死んでまでこんな愚かなわたしを守ってくれるのかわたしのわたしの猫よ、、、

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「パニック!」

アポン

昨日、我がニャンコ先生の家は、パニックだった。いや、私がか。
公園の爺ちゃん猫と負傷猫の保護依頼で、仕事の合間に右往左往。次の仕事の時間が迫る中、爺猫だけは見つかったが、捕獲器に入らぬ爺猫に業を煮やして隠れ家の段ボールごと抱えて家まで猛ダッシュ!!!!
餌やりさんに病院の手配を電話で頼んで、自転車で仕事に出ようとしてると、茶太朗君がチロの散歩の態勢に入って、玄関で躾の教本に忠実に「よーしよしよし・・」を丁寧にやり始める。イライライラ、思わず「自転車、表に出したいから、早く散歩に出てよ」と言い放ってチロと共に追い立てた。几帳面すぎるんだよ、全く、なんて腹立てた。

二時間後、自転車で駆け戻ると、玄関の中に、病院帰りの爺猫が籠のまま転がっている。
大慌てで、荷物を放り出し、ゲージを組み立ててると、ああっ、ニャンコ襲来から隔離してあるはずの厨房の網扉が開いて、わやわやニャンコ団が入り込んで悪さしている!!!なんだなんだ、茶太朗、開けっ放しかよ、なにやってんだよぉ!!!と、思う間もなく、私が不用意に置いたビニール袋を首に引っかけたニャンコが、すごい勢いで走り出し、驚いた皆が大パニックで部屋中を走り回って、次から次へと水桶にダイブ!ダイブ!ダイブ!!・・・部屋じゅう、めちゃめちゃびしょしょだぁあああ!!!!

半べそ状態で台所を覗くと、こちらも何から何までひっくり返って、盗み食いした煮干しとフードが大散乱。片づけながら時計を見ると、もう、八時過ぎ。帰って来た茶太朗君に「遅いじゃん!・・台所の扉が開きっ放しだったからね!ああ、もう嫌だ、私、昼から一分間も休憩してないんだからね、一分間も座ってないんだからね」と嫌みを言うと、「仕事から帰ってから、一歩も家に上がってません」・・え?じゃあ開けっ放しは私・・ですか?

もう一つ、ひどいことしてた。茶太朗君が震えていた。
公園の負傷猫の捕獲、茶太朗君に任せて、そのままだった・・、だからチロの散歩の後、こんな寒い中ずっと、公園の捕獲器のとこに居てくれたんだった・・・。
チロの散歩の躾だって、私でも安全に散歩できるようにって、懸命に躾してくれているのに、くそ真面目を邪魔にしてしまったんだ。
そうなのだ、全部、私のせいだったのだ。私一人が我がままで、私一人でパニックを起こしていたんだ。

「もう、今夜はラーメン食べに行こうかぁ!」と、取り繕って明るく持ちかけると、
「・・昨日、カレー食べに行ったばかりだから・・」「そ、そうだ、し、辛抱辛抱っ!」
冷蔵庫にあるジャガイモを煮て、もやしを炒めて、玉ねぎをスライスして、焼酎のお茶割を入れてくれた。私がソファーに座り込んでパソコン覗いている間に、茶太朗君が・・。
何もかも、ごめんなさい。ああ、玉ねぎスライスが目に染みるぜ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チロ君のハンサム顔だぞ~

チロ

今朝も暗いうちから茶太朗君と一緒に散歩しまくってきたチロ君です。躾の本を読みまくって、ビデオで研究しまくっておりますが、なかなかうまくはゆきません。何しろ気が強くて筋金肝っ玉の太いワンコです。大したワンコです。ぜんぜん無駄吠えしません。お客さんが来ても、ワンコに気づきません。黙ってじっと見つめています。たのもしい男です。しっかり信頼関係を築いて、楽しくゆったりとお散歩出来るようになるぞ~~~。でも、時々、茶太朗と全速力でも走ると思います!!

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

寝正月だぁ~~

朝からお屠蘇でいい気分。ちょっと寝転がりたいけど、満席で無理だ~。炬燵に足を乗っけてごろりんするしかないのでござる。昨日の晩も、大みそかの晩も、暮れもずっとこうやって寝たんだぞ~、狭い狭い~どっか他でお昼寝しなさいよ~。ニャンコ隠れ家はいっぱいあるのに、どうしてもわての寝床兼ソファーに割り込んでくるニャンコ先生たち。お布団を別室に敷いて寝ようとすれば、皆で襖の前で朝までしゃがみこんで泣いているので、どうしても、ニャンコ先生らと転がって寝るしかないのでござる。もう二十年も布団に寝てないのでござる。いやいや、ニャンコ布団に寝てるのか、可愛いからいいや。しょんべん臭いけどね~~~。 寝正月2
寝正月1

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。