不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「首輪に電話番号あれば見つかりますよ、でも・・」

もう随分前の話だけど、その頃住んでいた家の脇の、外猫ちゃん用に置いてあるご飯場に、大きな若い犬が走り込んで来て、尻尾をフリフリ騒いでいた。綺麗なポインターみたいな犬で、ニャンコの餌を食べまくってはしゃいでいる。うちの猫先生たちは、ビビッて大騒ぎ。
これは迷子だな、と、首輪をしっかり見ようとするがはしゃいで暴れてなかなか難しい。出会ったばかりのワンちゃんだから私もビビッてるし。撫でまわして遊んで、ようやく見ると、首輪にうっすら消えかけた名前と電話番号が書いてあった。
ああ、良かったあ、と、電話すると、
「・・・何で、うちの電話を知っているんですか?」と、厳しい声が。「首輪に書いてあったのですが・・」「首輪に?あなた、どなたですか?」「あの・・、フジワラと申しますが・・」、「なんで、うちの犬がお宅にいるんですか」「だからあの、うちに飛び込んできたんです」「はぁ?!」「とにかく、駅前に連れてゆくので引き取りに来てください」
連れてゆくと、若い男女が私を睨みつけて立っていた。首輪に紐を繋いだワンコを渡すと、無言で受け取り私を睨み付けている。「じゃあ、お渡ししましたから」と、帰ろうとすると「何で、うちの電話を知っているんですか?」、「だからほら、首輪のここのところに書いてあったから・・」、彼らは首輪を確認して、「読めませんよ、これで分かったんですか?信じられませんね」「読めたんです、私には。それじゃあ。」「・・・・。」帰る私の背中にいや~な殺気が突き刺さる。振り返ると凄い顔して睨んでいた。私はもう、何も言いたくなくて、背中を睨み付けられたまま歩いた。
悔しくて悔しくてむかっ腹立って、忘れられない。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。