不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

飲み過ぎた

昨日は能の稽古で一緒だった大和君と久しぶりに大酒を飲んだ。
独り芝居に向けて、修行僧のように籠って格闘していた大和君だから
芝居を観た時を除けば、ひと月以上、しゃべってもいなかった。
そのせいって訳じゃなくいつものことで、芝居の話を始めれば終わり知らず。
気づくと深夜で、大和君は梅ちゃん部屋にお泊まり。
の、筈だったが、目覚めた夜明け前、猫こたつに足を入れ、
小さく丸まって寒そうに寝ている大和君と茶太朗が居た。
焼そばを食べたまま、寝込んでしまっていたのだった。
風邪をひかせていないかちょっと心配だ。
しかし、いつものことだが、大和君と飲んでしゃべるのは楽しい。
無限に芝居の話がわき出てくる。
その真面目さ、賢さ、謙虚さ、うむぅ、魅力のカタマリのような男だ。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。