不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ポンジュノ監督

韓国映画「母なる証明」を観た。
凄腕の監督だ。
だいぶ前にこの監督の「殺人の追憶」を観ていたが
これも異色の刑事もので、半端じゃない才能を見せつけられ、
その頭脳にあてられ不愉快になったほどだった。
物陰から盗み見るような変態臭漂う空気感
人の匂いを間近に感じる皮膚感覚的臨場感
このリアリティでサスペンスを描かれては
どんなアクションも激情的演技も不要だ
これほどの個性
うらやましい
くそぅ
ねたむ暇があったら
ねたむ暇があったら
作品を作れフジワラ



スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。