不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夢のように美しい花

蓮の花
今年の夏、夢のように美しい花を見た。この世にこんなに完全な美があるのか、ほの甘く桃色が薄く透き通った花びら、一点の澱みもなく整ったものの匂い立つ気品。この美しさは一瞬の夢。それを間近に見る幸せ。この切なさは夢を見たという幸せの傷跡、いや印。

片目のキシ太のママが、トロンボーンのおじさんに助けられた。一緒に捕まえようとしていたけれど、賢いキジママは捕獲器や猫カゴを見るだけで、隠れてしまう。そこで、トロンボーンのおじさんは毎日、毎日、ひと月がかりで公園のベンチに猫カゴを脇に置いて、穏やかに座って、やさしくきじママに声をかけて、お薬を混ぜたご飯を食べさせて、少しずつ、スキンシップして、だんだん、おじさんと猫カゴのセットに見慣れたきじママにカゴの中で食べさせるようにして、とうとう、ひと月たったその日カゴの蓋を閉じて、わめき暴れるきじママに謝りながら、病院へ連れて行ったのだ。公園の片目の野良ネコにかけるその時間と親切のすごさよ。愛ある人の親切も、夢のように美しい。わたしはまた、幸せになった。
 



スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。