不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

わたしの猫

 小学校の裏庭に手のひらに乗るくらい小さな痩せた子猫が二匹捨てられていて、
昼休み時間が終わるのに、途方に暮れて抱いている私からもぎ取られて、小川の向こうの草むらに投げ捨てられた。
放課後、探しに行った草むらには一匹だけが泣いていて、もう一匹は投げ殺されたのか小川に流されたのか姿が無い。
一匹生き残った餓死しかけた小さな猫はあまりの見苦しさで母の同情を買い、それからいっしょに寝起きする私の友になった。
 19になったの私は、田舎を捨てて上京した。わたしの猫を田舎に残して。東京の生活に流されていたある日、「おまえの猫はおまえが出て行った次の日、表の道で車に轢かれて死んだ。」と母から聞いた。帰らぬわたしを探していつもは出てゆかぬ表の道まで探しにいった?探しにいった?待っていたの?わたしの猫よ。
 それから数年、帰らぬわたしを待ちあぐねた母が、正月を一緒に過ごそうと東京に出てくるという。すると、母が来る前の晩、わたしは夢を見た。わたしは田舎の家に居てわたしの猫が精一杯顔を引きつらせてわたしにニッと笑った。猫が笑う顔は初めて見たと、夢の中でびっくりした。その朝起きると同居していた友人が言った「あんたの猫がこのアパートの前の横断歩道を、あんたのお母さんといっしょに歩いてくる夢を見たよ」
それから母がやってきて、夕飯をいっしょに食べているとポツリと言った。「あんたの猫が、ゆうべの夢に出てきて、いっしょに付いてゆくばいて言うたとよ。」
ああ、許せ。来れたの?来てくれたの?わたしの猫よ。捨てたわたしのところに。
 それからそれから長い時が経った去年のこと。知り合った能力者の青年にふと言われた。「人語を話せるほどに修業した猫が、天界に許しを得て白猫になってあなたのところに降りてきましたよ。」
そんなことがこの世にあるならなどとは思う間もない。ああ、わたしの猫が、来たのだ、とただ思った。死んでまでわたしを思ってくれるのか、わたしの猫よ。死んでまで淋しいわたしの友でいてくれるのかわたしの猫よ。死んでまでこんな愚かなわたしを守ってくれるのかわたしのわたしの猫よ、、、






スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

寒かろう

「あの若いの、震えてるよ、服が濡れちまってんだな。」トラックの後部座席から一緒に働くじっちゃんの声。
通りを見ると、野球のユニフォーム着た少年の後ろ姿がガクガクと小刻みに全身震わせて立っている。
みぞれ雪降る暗い雲垂れこめた凍える日。さぞ寒かろう。連れが集まって来るのを待っている様子。
たぶん、その子は下級生で自分の意思でどうこう出来ず、言われるままに濡れた服のまま震えて立っているのだ。
風邪ひくぞ。まだ、子供のような横顔がちらりと見える。
信号待ちのトラックの助手席からじっと見るだけのフジワラだ。
ジャンパーをはおった背の高い上級生が近づいてくるのが見えた。もうじき皆、来んのか?
トラックは走りだす。寒かろう、寒かろう、あの子寒かろう。
まだ子供、まだ頼りない子供。可哀そうじゃないかよぉ・・・・

おい、コーチか教師か知らねえが、てめえも濡れてんだろうな。
てめえもみぞれ雪の中、練習中ジャンパー無しでいたんだろうな。
他人の子に寒い目合わせやがって。
ふざけてんじゃねえぞ。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

残念

相撲がまたつまらなくなったよ。
朝青竜の引退は残念。残念。残念・・・
堅苦しいしきたりの世界からどうしてもはみ出してしまう、いるのさ、そんな奴も。
自分流じゃちゃんと理は通ってるんだ。

あの相撲の速さは忘れられない。すごかったよ、朝青竜。
あの強さはどれだけ人並み外れた修練だったことか。かっこよかったぜ、朝青竜。

しばらくまた相撲は見ない。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ああいう生き方が好きだ。

貴乃花、反骨の孤高の闘士だった現役の力士姿も素晴らしかった。師匠から親兄弟から世間から叩かれ罵られ貶められていたあの孤独な姿。その信念の強い言動を新興宗教かぶれの病人扱いされながら、気迫の大相撲で観衆を魅了し相撲界を圧倒した鬼神のごとき大横綱だった。貴乃花が引退してから、ぽっかり空いた土俵の魅力。しばらく相撲は見なかった。
けれどもまだまだ貴乃花は戦っていた。反骨の孤高の姿で。一門を離脱しても、理事選に出て相撲界のためにやるべきことがあるのだと。間垣親方が「あの状況でも一門を出て行くんだから、大した意志を持っている。ああいう生き方は好きだ」と貴乃花支持についた時、ああ、大勢にまかれることを嫌う人は誰しもこう思うのだな、と感動した。フジワラが大好きだった二人の力士。二代目若乃花(間垣親方)が二代目貴乃花に心打たれて共感している。なんかなんか、嬉しかばい!嬉しかばい!ああそうたい、ああいう生き方は好きだ!ああいう生き方は好きだ!
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。