不二稿京のニャンコ先生のおうち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

沖縄 慰霊の日

心に蓋をしてやっと息をしていられる。
心の瘡蓋をそろそろなでながら忘却のそぶりでやっと生きのびる。
ああそうだ、色々あるから言わないんじゃない。やましいことを隠すから語らないんじゃない。
そんな当たり前の人の心の苦しみをあらためて知る浅はかなこのわたくしよ。
50年も60年もたたねば、触れることも出来ない地獄にさらされた皆さん、あなた、おーい、あなたよ、あなたよ

この世界で苦しむ命が少しでも少しでも少なく

虐待される命が少しでも少しでも少ないように






スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。